Contents [Manager's Profile] [Manager's Diary] [About This Site] [Update Records] [Miscellanea] [Parody Sets]
[TOP PAGE] [Standard Link] [Virtual-Card Link] [Linkage Tips] [Versatile Board] [Virtual-Card Labo] [Text Uploader]

Card of the Day (2004/03)

<< Previous:[Feb. 2004] Current:[Mar. 2004] Next:[Apr. 2004] >>

[2004/03/31] HOVERGUARD OBSERVER/空護りの観察者

(2)(U)(U) クリーチャー − ドローン(Drone) 3/3
飛行
〜は、飛行を持つクリーチャーしかブロックできない。

Darksteel Uncommon, by Kev Walker


Nemesisの《Stronghold Zeppelin/要塞の飛行船(NEM)》の再録である《Hoverguard Observer/空護りの観察者(DST)》のクリーチャー・タイプは、(船の代わりに)ドローンであり、Mirrodin Blockの雰囲気に則っています。

[2004/03/30] DISMANTLING BLOW/解体の一撃

(2)(W) インスタント
キッカー (2)(U)
アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。
あなたがキッカー・コストを支払ったならば、カードを2枚引く。

Invasion Common, by Mark Tedin


Invasionの開発中、《Dismantling Blow/解体の一撃(INV)》は単にキャントリップ持ちの《Disenchant/解呪(2-8/ICE/MIR/TMP/USG/MMQ/TSB)》にすべきかどうかが議論されてきました。しかしキャントリップが色んなブロックで見られながら、キッカーは(その段階では)Invasion Blockでしか見られないものだったので、このカードの能力はより特殊なキッカー能力に作り直されました。

[2004/03/29] LORD OF TRESSERHORN/(トレッサーホーンの君主)

再登場(→2002.4.11.

Alliances Rare 2


Darksteel現在]《Lord of Tresserhorn(ALL)》は最高のパワーを持つ伝説のクリーチャーですが──最大のパワーとタフネスの合計を持つのはPortal Three Kingdoms出典の《Zhou Yu, Chief Commander/呉の大都督 周瑜(PTK)》(8/8)です。

[現在は《Kuro, Pirlord/奈落の君、苦弄(CHK)》が9/9を持っている]

[2004/03/26] SWAT/虫つぶし

(1)(B)(B) インスタント
パワーが2以下であるクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
サイクリング (2)

Urza's Legacy Common, by Daren Bader
Onslaught Common, by rk post


Urza's Legacyの開発中、《Swat/虫つぶし(ULG/ONS)》は他の黒の呪文が殆どし得なかった「黒のクリーチャーを対象に取れる」ことが心配の種となったことがありました。討論を重ねて、《Swat/虫つぶし》はそのままで残しておくのも十分面白いと考えられたのでした。

[2004/03/25] WILD DOGS/野生の犬

(G) クリーチャー − 猟犬(Hound) 2/1
あなたのアップキープの開始時に、プレイヤー1人の総ライフが他のどのプレイヤーよりも多いならば、そのプレイヤーは〜のコントロールを得る。
サイクリング (2)

Urza's Saga Common, by Terese Nielsen


デザイン段階で、《Wild Dogs/野生の犬(USG)》は(G)で2/1の総ライフに関するデメリット持ちのカードでした。サイクリングは、開発中に追加されました。

[2004/03/24] DECREE OF PAIN/苦痛の命令

(6)(B)(B) ソーサリー
全てのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。この方法で破壊されたクリーチャー1体につきカードを1枚引く。
サイクリング (3)(B)(B)
〜がサイクリングされたとき、全てのクリーチャーはターン終了時まで-2/-2の修整を受ける。

Scourge Rare, by Carl Critchlow


「巨大サイクリング」(プレイをしてもサイクリングをしても甚大な効果をもたらす「命令」(Decrees)シリーズ)サイクルの一部である《Decree of Pain/苦痛の命令(SCG)》は、構築戦での競争力を上げるために、もとのサイクリング・コスト(5)(B)(B)が(3)(B)(B)に減りました。

[2004/03/23] BREAK ASUNDER/破断

(2)(G)(G) ソーサリー
アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。
サイクリング (2)

Scourge Common, by Jim Nelson


デザイン段階で、このカード(及びScourgeで一部のノン・クリーチャー呪文)は土地サイクリングを持っていました。開発中、この土地サイクリングは大型クリーチャーにのみ搭載すべきだということになり、《Break Asunder/破断(SCG)》の能力は普通のサイクリングとなりました。

[2004/03/22] SHIMMERING BARRIER/ゆらめく障壁

(1)(W) クリーチャー − 壁(Wall) 1/3
防衛、先制攻撃
サイクリング (2)

Urza's Saga Uncommon, by D. Alexander Gregory


このカードは、Magicで唯一サイクリング能力を持った壁(Wall)です。

[2004/03/19] FANGREN FIRSTBORN/ファングレンの初仔

(1)(G)(G)(G) クリーチャー − ビースト(Beast) 4/2
〜が攻撃に参加するたび、攻撃クリーチャーの上にそれぞれ+1/+1カウンターを1個置く。

Darksteel Rare, by Tim Hildebrandt


緑の攻撃的なこのクリーチャーは、Magicの中で唯一マナ・コストが(1)(G)(G)(G)のカードです。

[2004/03/18] HALLOW/神聖

(W) インスタント
呪文1つを対象とする。このターン、それが与えるダメージを全て軽減する。あなたは、この方法で軽減されたダメージに等しい値のライフを得る。

Darksteel Common, by Alex Horley-Orlandelli


この《Awe Strike/畏敬の一撃(MRD)》に似たインスタント呪文は、レオニンの老僧が炎や死の呪文を回復の光に変える防御呪文として設定づけられていました。

[2004/03/17] BONESPLITTER/骨断ちの矛槍

(1) アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備されているクリーチャーは+2/+0の修整を受ける。
装備 (1)

Mirrodin Common, by Darrell Riche


このMirrodin Blockを代表する装備品は、もともと+2/+0だけでなく先制攻撃も与えてくれる物でした……が、プレイに(3)、装備に(2)もかかったのです。

[2004/03/16] DWELL ON THE PAST/懐古

(G) ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の墓地に最大で4枚までのカードを、自分のライブラリーに加えて切り直す。

Torment Uncommon, by Rebecca Guay


このカードは(2)(G)のキャントリップ付きになる予定でしたが、《Gaea's Blessing/ガイアの祝福(WTH)》とは形を違えたいということで、現在の形に変えられています。

[2004/03/15] PYRAMIDS/(ピラミッド)

再登場(→2002/08/06

Arabian Nights Uncommon 2


表記法を改良することで、ときにカードの能力の数自体が増えることもあります。《Pyramids(ARN)》の場合は"or"付きの文で能力1個でした。しかしOracleでは簡潔なテキストにすべく、2つの能力に分割しています。

[2004/03/12] SLIVER OVERLORD/スリヴァーの首領

(W)(U)(B)(R)(G) 伝説のクリーチャー − スリヴァー(Sliver)・ミュータント(Mutant) 7/7
(3):あなたのライブラリーからスリヴァー(Sliver)・カードを1枚探し、それを公開してあなたの手札に加える。その後で、あなたのライブラリーを切り直す。
(3):スリヴァー1体を対象とし、そのコントロールを得る(この効果はターン終了時に終了しない)

Scourge Rare, by Tony Szczudlo


開発中、短い間で終わったのですが、《Sliver Overlord/スリヴァーの首領(SCG)》は「〜を生け贄に捧げる:伝説のスリヴァーはターン終了時まで+13/+13の修整を受ける」という能力がありました。これは《Sliver Queen/スリヴァーの女王(STH)》と組み合わせて20/20というばかでかいスリヴァーを作るための物でしたが、あまりに適用範囲が狭く意味に乏しいコンボなので、案は廃されました。

[2004/03/11] HUNTER SLIVER/狩人スリヴァー

(1)(R) アーティファクト・クリーチャー − スリヴァー(Sliver) 1/1
全てのスリヴァー(Sliver)は挑発を持つ。

Legions Common, by Kev Walker


《Hunter Sliver/狩人スリヴァー(LGN)》は唯一双頭なのです! かつてこのカードの能力が《Goblin War Drums/ゴブリン・ウォー・ドラム(5/7/FEM)》能力(スリヴァーは2体以上のクリーチャーによってしかブロックされない)を持っていました

[双頭クリーチャーは2体ブロックのイメージが強いが、こちらのブロック制限は《Two-Headed Dragon/双頭のドラゴン(8/MMQ)》の能力から来ている]が、それはLegionsからの挑発メカニックに変えられました。

[2004/03/10] BROOD SLIVER/繁殖スリヴァー

(4)(G) アーティファクト・クリーチャー − スリヴァー(Sliver) 3/3
スリヴァー(Sliver)1体がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのコントローラーは1/1で無色のスリヴァー・クリーチャー・トークンを1個場に出してもよい。

Legions Rare, by Ron Spears


《Brood Sliver/繁殖スリヴァー(LGN)》は、自分自身でスリヴァー・トークンを作る能力を有していますが、その能力では、指数関数的にスリヴァーを殖やすことが出来ます。

[2004/03/09] METALLIC SLIVER/メタリック・スリヴァー

(1) アーティファクト・クリーチャー − スリヴァー(Sliver) 1/1
(no abilities)

Tempest Common, by L. A. Williams


《Metallic Sliver/メタリック・スリヴァー(TMP)》は、唯一アーティファクト・クリーチャーのスリヴァーです。Oracle版のテキストでは、ルール・テキストに表記がない唯一のスリヴァーでもあります。

[2004/03/08] MISTFORM SLIVER/霧衣スリヴァー

(1)(U) クリーチャー − イリュージョン(Illusion)・スリヴァー(Sliver) 1/1
全てのスリヴァー(Sliver)は「(1):このクリーチャーのクリーチャー・タイプはターン終了時まであなたが選んだもの1種類となる」を持つ。

Legions Common, by Ben Thompson


Darksteel現在]《Mistform Sliver/霧衣スリヴァー(LGN)》は、霧衣クリーチャー達と同じ素材で出来たスリヴァーとしてデザインされており、スリヴァーの他にクリーチャー・タイプを持つものとしては唯一レジェンドでないものです。

Champions of Kamigawaの変更以来、一時期レジェンドが特殊タイプとして伝説性を持ったことで、複数のタイプを持つスリヴァーはこれと《Sliver Overlord/スリヴァーの首領(SCG)》(ミュータント)だけとなっていた。現在は《Fungus Sliver/菌類スリヴァー(TSP)》がファンガスである]

[2004/03/05] SOULSCOUR/魂流し

(7)(W)(W)(W) ソーサリー
全てのアーティファクトでないパーマネントを破壊する。

Darksteel Rare, by Kev Walker


Darksteel現在]《Soulscour/魂流し(DST)》は「最も点数で見たマナ・コストが高いソーサリー」のタイトルで、《Decree of Annihilation/滅殺の命令(SCG)》と《Time Stretch/時間の伸張(ODY)》に並ぶ首位タイになっています。
Time Spiral現在、10マナのソーサリーはこれらを含めて全7枚で、依然として最高値]

[2004/03/04] WELL OF LOST DREAMS/失われし夢の井戸

(4) アーティファクト
あなたがライフを得るたび、あなたは(X)を支払ってもよい。Xは、あなたが得たライフの値以下でなければならない。そうしたならば、カードをX枚引く。

Darksteel Rare, by Jeff Miracola


デザインされた時には対称的(つまり両プレイヤーがあやかることの出来る)な能力を持っていたこのカードは、開発中にこのコントローラーだけに影響を及ぼすようになりました。

[2004/03/03] MYR MOONVESSEL/マイアの月帯び

(1) アーティファクト・クリーチャー − マイア(Myr) 1/1
〜が場から墓地に置かれたとき、あなたのマナ・プールに(1)を加える。

Darksteel Common, by Dany Orizio


《Myr Moonvessel/マイアの月帯び(DST)》は、《Cathodion/陰極器(USG/MRD)》《Su-Chi(ATQ)》らの孫に当たる1/1クリーチャーです。

[2004/03/02] THUNDERSTAFF/雷鳴の杖

(3) アーティファクト
クリーチャー1体があなたに戦闘ダメージを与える場合、〜がアンタップ状態ならば、そのダメージのうち1点を軽減する。
(2), (Tap):攻撃クリーチャーはターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。

Darksteel Uncommon, by Kaja Foglio


このカードにはもともとフレーバー・テキストがありましたが、メカニックを加える余地を残して削除されました。それは以下のようなものです。
戦は変わりないものだ。変わっていくのは、血を流す量だけだ。 ──ヴァルショクの戦の達人コルヴァ
("War is a constant. Only the rate of bloodshed changes." --Korva, Vulshok battlemaster)
<< Previous:[Feb. 2004] Current:[Mar. 2004] Next:[Apr. 2004] >>