Contents [Manager's Profile] [Manager's Diary] [About This Site] [Update Records] [Miscellanea] [Parody Sets]
[TOP PAGE] [Standard Link] [Virtual-Card Link] [Linkage Tips] [Versatile Board] [Virtual-Card Labo] [Text Uploader]

Card of the Day (2007/04)

<< Previous:[Mar. 2007] Current:[Apr. 2007] Next:[May. 2007] >>

[2007/04/04] MAGUS OF THE COFFERS/貴重品室の大魔術師

(2)(B)(B) クリーチャー − 人間(Human)・ウィザード(Wizard) 4/4
(2),(Tap):あなたがコントロールする沼(Swamp)1つにつき、あなたのマナ・プールに(B)を加える。

Planar Chaos Rare, by Don Hazeltine


この絵の背景には《Cabal Coffers/陰謀団の貴重品室(TOR)》が描かれていますが、この平行世界では金品は皆略奪されてしまっています。しかし、それでも強力なマナとの繋がりは結びついたままで、これは陰謀団の総帥が以前からここに収めていたミラーリの力によるものです。

[2007/04/03] ROILING HORROR/掻き乱す恐怖

(3)(B)(B) クリーチャー − ホラー(Horror) */*
〜のパワーとタフネスはそれぞれ、あなたの総ライフから、最も多い総ライフを持つ対戦相手1人の総ライフを引いた値に等しい。
待機: X − (X)(B)(B)(B)。Xは0には出来ない。
〜がゲームから取り除かれている間、それから時間(time)カウンターが1つ取り除かれるたび、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得る。

Planar Chaos Rare, by John Avon


The art concept behind Roiling Horror is that the creature is some strange manifestation of negative emotion. In some places the shapes of the horror can be made out as faces to reinforce that idea. Click here to see the art at larger size. 《Roiling Horror/掻き乱す恐怖(PLC)》のアート・コンセプトは、負の感情が奇妙な形で存在として現れる、そんなクリーチャーです。ある場所でこのホラーの形が顔のように写っていることが、このコンセプトを支えているのです。それを確かめるためにも大判の絵をご覧になって下さい。

[アドレスはhttp://www.wizards.com/magic/images/cardart/PLC/roiling_horror_640.jpg]

[2007/04/02] GHOST TACTICIAN/幽霊の戦術家

(4)(W) クリーチャー − スピリット(Spirit)・スペルシェイパー(Spellshaper) 2/5
(W),(Tap),カードを1枚捨てる:あなたがコントロールするクリーチャーはターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。

Planar Chaos Common, by Zoltan Boros & Gabol Szikszai


これは他者の肉体に乗り移る慈しみの霊で、乗り移られた相手を強くし、(僅かの間ながら)善のための道具とするというバックグラウンドを持ったクリーチャーです。このスペルシェイパー能力は、実際の効果である《Scare Tactics/攪乱戦術(EXO)》とは全く逆の雰囲気に沿っています。
<< Previous:[Mar. 2007] Current:[Apr. 2007] Next:[May. 2007] >>